英気に溢れる -Be filled with brilliance-

鹿児島で学習支援業を行なっているBRILLIANTが、子どもと教育、心と身体に関するエッセイ、日々の雑想をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

32歳の朝を迎えました。

朝の光を浴び、冷たい風に身をさらしながら

庭の花々を眺めていたら、

ふと、

私は今、奇跡的な巡り合わせで、

この時代の、この場所に、

旅をしにきているんだということを思いました。


これまでに出会った人達はみんな、旅先で奇跡的に出会った人達。

そう思うと、いろいろなことが尊く感じられます。

今日つける日記は、奇跡的な旅の日記の1ページ。

そのような境涯で、新しい365日を生きることができたらと思います。


*** *** *** *** ***


また朝が来てぼくは生きていた

夜の間の夢をすっかり忘れてぼくは見た

柿の木の裸の枝が風にゆれ

首輪のない犬が陽だまりに寝そべってるのを


百年前ぼくはここにいなかった

百年後ぼくはここにいないだろう

あたり前な所のようでいて

地上はきっと思いがけない場所なんだ


           ―谷川俊太郎「朝」より


スポンサーサイト

ジャンル : 心と身体
テーマ : 人生を豊かに生きる

[ 2012/01/26 09:45 ] 日々のエッセイ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。