英気に溢れる -Be filled with brilliance-

鹿児島で学習支援業を行なっているBRILLIANTが、子どもと教育、心と身体に関するエッセイ、日々の雑想をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

心からの笑顔で

昨年末、来年の教室のスローガンは何にしようかなあと考えていた時に、ふと生徒のみなさんの笑顔が浮かんできました。


よし、2012年はもっともっと「笑顔が溢れる」教室にしよう!


そう決めて、お正月の飾りも「謹賀新年」ではなく、「笑門来福」と書かれたものを選びました。


「笑う門には福来たる」と新年のメッセージボードにも大きく書きました。


そうこうしていると、正月三が日の最終日に、ある友人から一枚の年賀状が届きました。


その中に書かれていたメッセージに、私の心は強く動かされました。




「なかなか会えませんが、(あなたが)心からの笑顔でいてくれたら嬉しいです」




その言葉を読んだ時、私の内側に、じわーっと温かい波が広がっていくのを感じました。


表面的な笑顔ではなく、心からの笑顔は、自分の深い所が満たされ、ふるえ、輝きだす時に、自然と湧きあがってくる笑顔だと私は思います。


心からの笑顔は、その人が自分らしく生きられているときに湧きあがる笑顔だと思います。



「心からの笑顔が溢れる教室に」



画竜点睛(がりょうてんせい)という言葉がありますが、ブリリアンスの2012年のスローガンに、最後の眼が入って、竜のように生き生きと動き出した気がしました。


生徒のみなさんが、この一年、心からの笑顔でいられるように、まずは私自身が、太陽のように、いつも心からの笑顔でいたいと思います。


2012年、ブリリアンスに、そして、このブログを読んで下さっている皆様に、


心からの笑顔が溢れますように


笑門来福


スポンサーサイト

ジャンル : 心と身体
テーマ : 人生を豊かに生きる

[ 2012/01/06 16:19 ] スタディサロン日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。