英気に溢れる -Be filled with brilliance-

鹿児島で学習支援業を行なっているBRILLIANTが、子どもと教育、心と身体に関するエッセイ、日々の雑想をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

土の魔法

教室の軒下には、緑を幾鉢か置いてあります。

あかあかとした大きな葉や、赤紫色の可愛らしい花が、周りの気を明るくしてくれています。

私が教室に出向いた時、一番に気になるのは、軒下のコンクリートの床に落ちている葉や花です。

茎とつながっていた時は、あれだけ生き生きと輝いてみえたのに、命を終え、固められた床に落ちた途端、周囲の気を害するものとして感じられてしまう。

固められた床に落ちた葉や花は、無機物のように私の眼には映るのです。

それは例えば、昨日まであれほど熱をあげていた歌手に対する気持ちが、何かのきっかけで急に冷めてしまうようなもので、心よりもむしろ身体にむなしさが残ります。

私は桜島の灰と共にそれらを掃き集めて、滞った気をきれいに流してから、一日の授業を始めるようにしていました。



昨日のことです。

何気なく、家の庭を眺めていました。

インパチェンスの花が庭にたくさん散れていました。

ふと、その散れた花を見て美しいと感じている自分に驚きました。

土に落ちた花は、コンクリートの固い床に落ちた花と違って、生きているように感じられたのです。


私ははたと気づきました。

落ちた花や葉をごみにするのも、いのちにするのも、それを受け止める地面次第なのだということに。

土は、落ちた花を我が身に溶かすことで、生まれ変わらせていきます。

それも、限りないさりげなさで。

そして、その朽ちゆく花の、生きていた時とはまた別の美しささえも、引き出してくれるのです。


土とは何と尊い存在でしょうか。

土は、風化され浸食された岩石のかけらや、朽ちた植物や、微生物など、極端な見方をすれば「ごみのような存在」で構成されたものです。

それなのに、死んだ命に新たな命と美を与える、究極の魔法を持っているのです。

数十年生きてきて、こんなに土を愛おしく思ったことはありませんでした。



インパチェンス

スポンサーサイト

ジャンル : 心と身体
テーマ : 気付き・・・そして学び

[ 2011/12/05 12:50 ] 日々のエッセイ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。