英気に溢れる -Be filled with brilliance-

鹿児島で学習支援業を行なっているBRILLIANTが、子どもと教育、心と身体に関するエッセイ、日々の雑想をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

白い惑星の犬

君がいなくなってふた月

私たちは静まり返った

13年の歩みに耳をすませた

どの風景の隅にも君がいてくれたから

私たち家族は今もこうしてひとつの船に乗っていられるのだ



君がいなくなって

船はとても軽くなってしまった

軽いということはこんなにも寂しいことであったか

軽いということはこんなにも辛いことであったか


でも君は私たちが次に飛べるよう

私たちを軽くしてくれたのだ

こうして新しい君を迎えるための

とてつもなく重い軽さを

私たちに贈ってくれたのだ



新しい君よ

君は今 私たちに迎えられることも知らずに眠っているか

それとも私たちと共に歩む未来の夢を見てくれているか


私たちは君に夢を見ている

君と共に夢を見られることを夢見ている

スポンサーサイト

ジャンル : 心と身体
テーマ : ありがとう

[ 2011/12/02 23:47 ] 日々のエッセイ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。