英気に溢れる -Be filled with brilliance-

鹿児島で学習支援業を行なっているBRILLIANTが、子どもと教育、心と身体に関するエッセイ、日々の雑想をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

裏紙は宝の山


私が小さい時、家には常に、大量の新聞のコピーがありました。

地方公務員だった父が、仕事に使うために、

職場で折々にコピーしていったものです。

B4の用紙の片面には印刷がされていますが、裏面は真っ白です。

父は、仕事で使わなくなった新聞のコピーを家に持ち帰り、

子ども達に、裏面を自由に使っていいよ、という御触れを出して

いました。


私は、この「裏紙」が大好きでした。

マンガを描いたり、字を書いたり、計算をしたり、

暇さえあれば、この裏紙が置いてある部屋に行って、

延々と自由に「書きもの」をしていました。

中学生ぐらいまでは、私はこの裏紙を大活用していました。


裏紙の素晴らしい点を幾つか挙げようと思います。

1「遠慮なく思いっきり書ける。
  
  破ってもくしゃくしゃにしても心が痛まない」

片面に印刷がほどこされ、一度は仕事を終えた紙のリサイクル

ですから、書き手にも遠慮がなくなります。

これが、両面まっさらの美しい紙であると、「大事に使わなきゃ」

という意識がどこかに生まれ、思い切った使い方をためらって

しまうのです。


2「時々、印刷してある方に興味が惹かれて、

  読んでいるうちに、様々な情報が頭に入る」

片面は新聞のコピーでありましたから、  

時々はそっちの方が気になる時がありました。

私は、読めない漢字もいっぱいある中で

コピーされた新聞紙面を目でたどり、

「ここまで読んだら、次はここを読むようになって

いるんだな。変なの」とか

「この新聞、第38254号って書いてあるけど、

一年が365日だから、100年以上続いてるのか」

とか言いながら、

自分でもまねして新聞を書いてみたりしていました。

これも良い勉強になったと思います。


3「経済的節約になり、資源保護になる」

コピーしたもののリサイクルですから、

同じ枚数の、新しいお絵かき帳を買ってあげることを

考えれば、大変な節約になります。

また、森林資源を守ることにもなります。

父は教育的観点というよりは、節約の観点から

子ども達に大量の裏紙を与えたんだろうなあと

今になって思います。



しかしながら、子どもに大量の裏紙を与えて

放置する、父の「裏紙教育」によって、

私の学ぶ力は大きく支えられたように思っています。

遠慮なく、思いっきり自由に、紙に気持ちをぶつける

というのは、良いストレス解消にもなります。

そういう中で、創造性も育まれるものだと思います。


また、学ぶ力は「インプット」(入力すること)だけでなく

「アウトプット」(出力すること)がバランスよく

行なわれる時に、ぐんぐん伸びていきます。


いつでも手元に大量にあり、自由に絵や字を書け、計算が

できた裏紙は、私にとって「アウトプット」の学びを

促進してくれる、宝の山だったのです。


このような経験から、私は教室で生徒達を教える時に、

もう使わなくなった裏面が真っ白な大量の問題プリントを

常備しています。(捨てるのはもったいないですし、

多くの塾でそうされていることだろうと思います。

ただ私は、裏紙の素晴らしさを生徒たちに強調しています)


生徒達は、「裏紙をください」「要らない紙をください」と

私に言って裏紙をもらい、自分達で自由に活用していきます。

彼らは、裏紙をがんがん使って計算をしたり、自分の考えを

整理したり、でかでかと目標を書いたりします。


遠慮の要らないアウトプットができることが

裏紙の最大の魅力です!

ご家庭でも、裏面のまっさらなチラシなどを大量に

ストックしておいて、子ども達に「自由に使っていいよ」と

言っておくと、勝手気ままに彼らのアウトプットの学びは

促進され、学ぶ力が自然に高まっていくと思います。

そして、時にびっくりするような創作物が生まれる

ことと思います。

裏紙は無限の可能性を秘めた宝の山なのです。

スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : 勉強法

[ 2010/05/26 11:01 ] 子どもと教育 | TB(0) | CM(4)
NoTitle
やっぱり公務員の子だったんだね~★

私も家は散らかるからたまにイラッとするけど、子供に雑紙や段ボール、牛乳パック、肉・魚トレーは自由に使わせてます。
多分遊びに来た人はきったねぇ~な~って思ってるかも知れないけど・・・。でもハサミだって使わないとうまく使えないだろうし、切れたら痛いってのも大事だと思うし、(カッターは声かけてねって言ってるけど)
息子は石が大好きできれいな石やおもしろい形の石を100均の箱にたっくさん詰めていて、ママ友に「え!!外の石持ち込んでるの?!」ってびっくりされたけどね。

そうそう、記事リクエストがあります。
高学歴の人が子供の頃どのような生活をしてきたかがとても気になります。よく、「両親の仲がよく、早寝早起きをして、朝ご飯をしっかり食べていた」とか「親に勉強しなさいって言われたことがない」なんて聞きますが。
謙遜なしで淡々と語って欲しいです。
息子は札幌にある北嶺という私立中高一貫校にいきたいそうです・笑 (たまたま近所の公立中学校の生徒が公園でタバコを吸っているのをみて怖かったから、かもしれないが。。)
公文は批判を多く目にしたので2年ほど前にやめました。その後糸山泰造の本を読んでなるほど、と納得しました。
中学受験するなら小4まではたっぷり遊んで小五あたりから勉強モードにチェンジしてもらおうかなと思ってます。
先生に特別講習に来てもらおうかな♪
[ 2010/05/27 00:58 ] [ 編集 ]
Re: NoTitle
公務員の子っぽいですか~笑

紙だけじゃなくて、雑誌、段ボール、トレーとか、
自由に創作に使えるものをお母さんが提供してあげるのは
楽しいねえ。子どもは遊びながら学んでいくしねえ。
(カッターは声かけてね)っていう距離感が素敵です。

記事リクエストありがとう!
僕も自分の学びの歴史を不定期に書いていこうと思っていたので
「生活」もトピックに挙げたいと思います♪

「親に勉強しなさいって言われたことがない」
って言うのは当てはまるなあ。言われた記憶ないです。
母は意識して言わないようにしてたと述懐してました。

でも、模範的な家庭のイメージというわけでないです。
特殊で、不思議で、超越的なところもあります。
父母親族のプライバシーも考慮した上で、書ける限り書いてみますね。

北嶺中・高調べてみました!
少人数なのに、難関大の進学実績がすごいですね。
全国に名前が知れ渡り始めてるみたいだね。

Jくんは、一年生なのに、自分からそういう発言をするのは大人だねえ。
持論ですが、中学受験に合っていて、成功するタイプの子は
「早く大人になりたい」という意志を持っている子です。

「子どものままでいたい…」という思いが強い子に
中学受験をさせるのはかわいそうですね…
(親の愛情に飢えていて、自分の成長を止めてしますのです)

中学受験は、良かれ悪しかれ「子どもからの脱皮」を要求され
ます。Jくんはお話を聞くに、中学受験は合っていそう。
公立に進んだ時に、話の合う友達がなかなかできないかも
しれないなあと思ったり。

僕も低学年・中学年のうちはいっぱい遊んで、冒険して
遊びを勝手に学びに変えていくことに賛成です!

糸山さんはちゃんと読んだことがないけど、
立ち読みでお名前は知っています!

鹿児島に帰ってから、シュタイナー教育やデモクラティック
スクールという存在を知り(ご存知ですか??)
本を読んだり、その学校に遊びに行ったりしたんだけど

低学年まではなるべく「お勉強」をさせない
遊びながら学んで感性とからだを育む、
という理念は大いに賛同してます。

もし良かったら、本などご紹介しますよ♪

3年後とかには是非札幌で特別セミナーしたいです・笑
夢が増えました!ありがとう!!
[ 2010/05/28 00:52 ] [ 編集 ]
NoTitle
デモクラティックスクールは初めて聞きました~。ちょろっと調べたよ。教育関係の本は大好きなので教えてください。あと、先生のエッセイはどこで読めるのかな??
糸山先生はhttp://www.amazon.co.jp/%E5%AD%90%E8%82%B2%E3%81%A6%E3%81%A8%E6%95%99%E8%82%B2%E3%81%AE%E5%A4%A7%E5%8E%9F%E5%89%87-%E7%B3%B8%E5%B1%B1-%E6%B3%B0%E9%80%A0/dp/4767804639これしか
読んでないけど他のも読んでみたいと思ってます。
あと、東進の安河内哲也の本も結構好きです。

Jは実は・・・「北嶺行って東大行って宇宙飛行士になる!」って言ってますよ・・・。
(あまり大きな声で言えませんが・・・笑)
 レベルわかってるのかな・・?
北嶺は文武両道で好感がもてる。
でも子供は夢があってうらやましいわ。
サイエンスZEROとか自分で勝手に予約録画してみてるよ。
知的好奇心はすごい強い子だと思うけど、ギリギリの成績で私立にはいれたくないので、Jの様子をゆっくり見守って受験するかどうか決めたいと思います。``母親のお勉強に関する鼻息の荒さと子供の成績は反比例する``って何処かで聞いて気を付けてます・・・。


是非セミナーにお越し下さい★
北海道の子は教育に関してのんびりだって言われているので。

※月曜日から入院になりました。
4月にケータイぶっ壊れたのでアドレスが全部消えました><
時間のあるときに空メールでも下さいませ^^
[ 2010/05/28 22:57 ] [ 編集 ]
Re: NoTitle
糸山先生のご本読んでみますね♪ありがとう

デモクラティックスクールの先駆け、
アメリカのサドベリーバレースクールについて
書かれた本をご紹介しますね

「世界一素敵な学校―サドベリー・バレー物語」

http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%96%E7%95%8C%E4%B8%80%E7%B4%A0%E6%95%B5%E3%81%AA%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E2%80%95%E3%82%B5%E3%83%89%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%BC%E7%89%A9%E8%AA%9E-%E3%83%80%E3%83%8B%E3%82%A8%E3%83%AB-%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B0/dp/484610608X

この学校のすごいところは…
時間割がない。
先生もいない。
何を学ぶかは生徒がすべて自主的に決める。
その子がやりたいことであれば
一日中釣りをしていたって、
一日中マンガを読んでいたってOK。
学校の法規もすべて、
生徒たちの民主的な合議によって決定される。

学校・教育そのものが、子ども達の内面の発露と
民主政治によって運営されています。

僕は、この学校(本)の存在を、
鹿児島県の蒲生(かもう)という緑豊かな町にある
楠学園(くすのきがくえん)というフリースクールに
見学に行ったときに、そこの代表の方に教えてもらったんです。
サドベリースクールの良い所を参考にしていると
おっしゃってました。鹿児島にもこんな学校ができたんだあ
と嬉しくなりました。

歴史ある武家屋敷を借りて学校をやってるんだよ。

近くに川があって、その日の子ども達のメインの学びは
各々、そこで泳いだり、釣りをしたり、石を採集したり…
というものでした。

Jくんは、こういう学校に行くと超生き生きしそう。

北嶺から東大、宇宙飛行士という夢はロマンがありますね♪

Jくんは東大どころの騒ぎではない男のような気がしますよ。
本気で。

ケンブリッジ、オックスフォード、ハーバード、MITとか
海外の一流大学にもそのうち興味を持たれるでしょうね。

予約録画する小学一年生、好きです。

中高一貫6年のスパンの中で、彼の気質と知性を開花させて
いくのがきっと合っていると思います。

携帯大変なことになったんですね。。。
メール送りますね!

僕のエッセイ、読んで頂けますか?嬉しいです。
お送り致しますね!
[ 2010/05/29 01:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。