英気に溢れる -Be filled with brilliance-

鹿児島で学習支援業を行なっているBRILLIANTが、子どもと教育、心と身体に関するエッセイ、日々の雑想をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ちょっと待ってください

教室に通い始めて2ヶ月が経った、ある生徒さんの名言と成長のお話です。


その生徒さん(仮にAくんとします)は、

最初の頃、「数学に対して拒否反応があって・・・」と

数学に対して、なかなかやる気が出ないという悩みを持っていました。

(数年前に、ある分野でつまづき始めてから、

数学に苦手意識を持つようになったんだそうです)

数学の予習や、課題にはなかなか手が回っていない様子でした。


しかし、私は数学の授業を重ねる中で、

Aくんが問題に取り組む時の生き生きとした表情や、

「これは○○と考えるいうことで良いのですか?」といった

自分の理解が正しいかを確かめる質問の仕方から、


「きっとAくんは数学を考えること自体は嫌いではないはずだ。

質問にも『できるようになりたい』という積極的な気持ちが

現れている。潜在的な力も十分に感じられる。

苦手意識は思い込みなのではないだろうか。

きっと、数学を考え、解く面白さを味わっていく中で

やる気も出てくるはずだ」と思い、


Aくんに少しでも数学の面白さを感じてもらえるよう、

理由付けのない公式の丸暗記をできるだけ避けて、

「なぜそうなるのか?」という所に立ち返って授業をし、

Aくんの疑問に答え、共に考えていく授業を進めていきました。


そして、ある日のこと。

私とAくんは、実力テストの範囲になっている数学の問題を

一緒に考え、解き進めていました。


実力テストの課題ですので、

結構レベルの高い問題が並んでいたのですが、

家でもAくんなりに挑戦をしてきたようでした。

(挑戦をしてきたということに、まず変化を感じました)


授業時間は限られていますので、Aくんに5分程考えてもらって

詰まるようなら、解くための戦略を教えるような形を取っていたのですが、

ある図形の問題に来た時、

私が、考えているAくんの様子を見て

「これはね、この辺と辺が・・・」と教えようとすると、


彼はひとこと、


「ちょっと待ってください!!」


と言って、私が教えようとするのを遮ったのです。


私は「自分でもうちょっと考えたい!自力でなんとかしたい!」

というAくんの気持ちに驚きと喜びを感じて、

そのまま彼の考える様子を見守ることにしました。


「これはこういうことだから、こうなって・・・ん・・・」

と言いながら、ノートに書いた図形に、気づいたヒントを

少しずつ書き込んでいくAくん。


「これは、こことここが同じになるから、こうして・・・」

少しずつ、正解に近づいていくのが分かります。


「で、どうなるのかな?これでいいのか?ん~」

思考と試行は続きます。


「あ!ここがこうなって、ここがこうなって、

X=3!出た!」


彼はついに正解を導いたのです。

しかも、問題集の模範解答よりもスマートな解法で!

私は、彼に最大級の賛辞を贈りました。

彼も非常に嬉しそうでした。


授業後、私は思いました。

「数学に拒否反応がある、やる気が出ないと言っていたのに

『ちょっと待ってください!』にはびっくりしたなあ。

生徒の力を信じて、こちらの『教えたい』という気持ちを

ぐっと抑えることも、やっぱり大事なことだったなあ」と。


彼は「最近は、勉強に対して少しずつですが、前向きになってきました」

とも言ってくれました。大きな変化が始まっているようです。


私が彼にその図形の問題を教えてしまっていたら、

「数学を自分の持ちうる道具だけを駆使して解くことの喜び」は

彼にもたらされなかったでしょう。

また、私も彼の持っている力に気づくことはなかったでしょう。


生徒の中で、芽が育ってくるのを「見守る」こと。

生徒の力を信じ、導いてあげなきゃと思う気持ちをぐっと抑えて「見守る」こと。


彼の「ちょっと待って下さい!」は、

10代の若者の心の声を代弁しているかのようにも感じられ、

とても含蓄のあるセリフだったなあと思いました。
スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : 教師のお仕事

[ 2010/11/06 04:01 ] スタディサロン日記 | TB(0) | CM(4)
No title
久しぶりのコメントです。
いつもmixiのほうにコメントいただいてありがとうございます!!

以前、BRILLIANT師匠が「人生の手すり」の話をしていらっしゃった時も、
「見守る(まもる)」というのがキーワードになっていましたね。

僕も一昨年くらいから、国語の授業形態をディスカッション形式に変えて、
「なぜ、そうなるのか?」「どこに答えにつながるヒントがあるのか?」
「他の人の意見と同じところはどこで、違うところはどこか?」
「他の人の意見で納得できたのはどこで、納得できなかったのはどこか?」
というやり取りをずっと繰り返してきました。

※再来週に僕もKKKで模擬授業をするのですが、「教える」というより、
「司会しながら、出た意見をまとめる」という感覚なので、
「授業」(講義)としては非常に見せにくいのですが…笑。

最近では「こういうときはこうしたらいいんや!」と生徒がまとめてしまうので、
僕の「司会」すら必要ないようで、居場所に困っています。笑。

僕が(知識以外は)何かを特別教えているわけではないのですが、
彼らが自分たちで討論して、他の子の「読み」の感覚を内面化していく。
これだけで十分成績は上がってきています。(偏差値40→60へ)
偏差値という数字だけでなく、彼らの「読み」に対する積極性や、
他者の意見や指摘に対する「耐性」が身についていくのが面白いです。
ちょっとやそっとのことではへこたれずに果敢に反論していく。
けれども、相手が正しいと思ったら、素直に「あ、そうか」と認める。
あまりに建設的なので「これ、ほんまに小学生か!?」と、
こっちが驚いてしまいます。

彼らの姿を見ていると「名探偵コナン」の世界が脳裏に浮かんできます。
少年探偵団的な(さすがに中身が高校生の「コナン」は居ませんが…笑)
必ずしも正しい意見ばかりが飛び交うわけではないけれども、
力を合わせて、正しい方向性を導き出そうとする。推理しようとする。
それこそが学習にとって必要な「エートス」なのかもしれませんね。

数学の問題に自分の持てる力で果敢に立ち向かっていく彼は、
その立ち向かっていこうとする意志がありさえすれば、
これから(勉強でも、それ以外でも)どんな問題においても、
「答え」を導き出すことができるのではないかと思います。

「ちょっと待ってください!」のひと声は、
学び手としての「産声」といえるのかもしれませんね。

とはいえ、うちの4年生たちは自分で解決する意欲が強すぎて、
そして、その意欲でもってどんどん解決して行ってしまうので、
僕自身も新たな居場所を見つけねば…と「切実に」悩んでいます。
ただ立っているだけ、座っているだけの「銅像」になりそうです。笑。
[ 2010/11/08 00:10 ] [ 編集 ]
Re:No title
みねくん

コメントどうもありがとう!

みねくんの授業、見たくてたまりません。
色々なことが許されるなら、
タイムリミットまでに京都に飛んでいって
授業を見させて頂きたいです・・・
ドアのすき間からでも・・・うーん!!

お話を聞いているとやはりみねくんは、やはり
「日本語コーディネイター」なのだなあ、と
しみじみ思います!

いくら面白い芸能人、有名人を集めたって
司会が有能でなければ面白くはならないトーク番組のように
(どんなに頭の切れる論客が集まっても、司会の頭が切れな
かったら、崩壊してしまう討論番組のように)

みねくんという先生が司会をしてくれる安心感があるから、
生徒さん達も、自分の実力を100%出し切れるのだと思います。
授業に100%を出せる空気があるんでしょうね。
偏差値40→60の上昇はすごい!
彼らはまさに国語の「目」が開かれたのでしょう!!

「目」が開かれたのは、僕も国語だけに留まらないような気がします。
みねくんの授業に参加していると、生徒さんたちは
「○と×」にものすごい重みを感じるようになるんじゃないかな、
と思うのです。
解答が○をもらえるものになるには、
正しい思考の「物語」の支えがなければならないことを知る。
それを、ディスカッションの中で、肌で実感するから、
血肉になるのも速い。

国語だけでなく、他の教科でも正解を導き出すには
正しい思考の「物語」がなければならないということが、
つながってきてるんじゃないかと思います。

そこに思考力の「脱皮」があると思います。
その「脱皮」ができないと、中学受験は厳しいよなあ、
と、当時、痛感していました。

また、授業に「冒険感」があるのがいいですね。
まさに名探偵コナンのように!
一流の漫画家さんはよく、「生き生きとしたキャラクターを生み出せば
そのキャラクター達が勝手に面白い物語を創っていってくれるから楽だ」と
言われるそうですが、
みねくんは、そういう漫画の作者のポジションなのかもなあ、と
連想を走らせたりしました(笑)

再来週の模擬授業、
「講義」ではなく、「道場」という授業の在り方を、
是非、新しい先生方に見せてあげてください!
その先生方が羨ましい限りです(笑)
[ 2010/11/09 03:56 ] [ 編集 ]
待つこと、見守ることの大切さですね。

そのセリフを生徒が言える環境を作り出しているのもすばらしい!


いいものをみんなで作り出していますね。
[ 2010/11/12 17:34 ] [ 編集 ]
Re:No title
こばやん

コメントありがとうございます!

生徒が発言しやすい空気を作るのは大切だなあ
と最近特に思います。

勉強のことであれ、部活や生活のことであれ、
生徒の心の扉、知の扉を、生徒自身が内側から
自然と開けられるように、僕自身が何ができるのか、
いつも試行錯誤しています。

うまくいかない時の理由は様々に考えられるのですが
うまくいった時の理由は自分でも説明しづらいものですねえ。
説明できてしまうと、次うまくいかなくなりそうな気がして。
(先入観ができてしまうのでしょうか)

その場の空気を感じること、つくることって
だから大切なんだろうなあと思います。
[ 2010/11/14 00:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。