英気に溢れる -Be filled with brilliance-

鹿児島で学習支援業を行なっているBRILLIANTが、子どもと教育、心と身体に関するエッセイ、日々の雑想をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

どうか気づきませんように


昼過ぎの便で東京に来ました。

羽田から浅草方面へと向かう電車に乗り込み、

空席はないかと車内を見渡しました。

優先座席は女子高生達で埋め尽くされています。

一、二席空いている所を見つけ、大荷物を抱えた僕は

そのすき間へと腰を埋め込みました。

ほーっと一息ついた所で、

ふと私の左の視界に一人の女性の姿が写りました。


年の頃は20代後半、メイクの映える、小柄で奇麗な女性が

俯いたまま立っていました。

何気なく視線を下に落とすと、彼女のお腹が膨らんでいることに気づきました。


「妊婦さんか…」

私は居てもたってもいられなくなてきました。

「誰か席を譲る人はおらんのか…」

しかし、優先席の住人たちも、その他の住人たちも

ほとんどの人たちは、携帯をのぞきこみ、自分の世界に

没入しています。

「誰も気づかんやろうなあ…僕が譲ろうかなあ」


その妊婦さんも、別段、席に座りたいような顔をしているわけ

ではありませんでした。

その人もまた、生気のない疲れた顔で、条件反射のように

携帯をのぞきこんでいるのです。

「座れないことに慣れているのかあ…、

それともあまり構ってほしくないのかもなあ…」

私は、しばらく考えましたが、

そのことに気づいているのに、見て見ぬふりをするのは苦しいし、

声だけ掛けてみようと思って、意を決し、席を立ったのです。


「あの、お座りになりませんか?」

女性は突然声を掛けられたことに驚き、少し戸惑った表情を浮かべたあと

「あ、ああ…」

という小さい返事をして、空いた席に座りました。


私は、あまりその人を見ないようにしながら、

その人が立っていた場所に立ちました。


電車に揺られながら、様々なことを推測しました。


「ありがとう」って言ってはもらえなかったなあ…

もしかして、僕が譲ったってこともわからなかったのかもなあ…

お腹を見られて、譲られたことが嫌だったのかもなあ…

お腹は膨らんでいたけど、もしかして、望まない妊娠なのかもなあ…



私はもう一度車内を見るともなく、眺めていました。

そして、このようなことを思いました。


「みんな決まりきったように携帯を覗き込んでいるけど、

これは周りのことになるべく「気づかない」ようにするための

無意識の防衛本能の現れなのじゃないだろうか。

職場や学校や人生に疲れている時に、新しく何かに「気づいて」

しまったら、それはその人にとっては大きな負担になるのだ。

たとえば、妊婦さんやお年寄りに気づいてしまえば、

席を譲るかどうかで、余計な苦しい思いを自分が背負わなければならない。

余計な苦しみと、エネルギー消費を増やしたくはないのだ。

妊婦さんも妊婦さんで、席を探す労力など割かずに、周りに気を使われないように、

なるべく、無表情で携帯をいじって時をやりすごすようにしている。


なるべく何にも気づかないように。

なるべく何事も起こらないように。」


東京には、鹿児島や京都・大阪とは違った、独特の空気を感じます。

それは、各人が頑張って「個」になろう、「個」を守ろう、としている空気です。

見ず知らずの者同士の「通い合い」をなるべく遠ざけようとすることで、

自分にも他者にも負担が少なくなる。

それはこの街が自然と選んで行った、生きるための工夫なのでしょう。


最初は少し寂しい思いでしたが、しばらくして、

この街に対する生命観が深まって、少し心を落ち着けることができました。




現在、浅草橋のホテルでこの日記を書いています。

明日は大切な友人の結婚パーティーに出席します。

久しぶりにたくさんの友人たちに会えることも楽しみです。



スポンサーサイト

ジャンル : 心と身体
テーマ : 今日の出来事

[ 2010/05/14 22:14 ] 日々のエッセイ | TB(0) | CM(2)
こんばんは。
お元気そうで何よりです!前の記事と併せて書きたいことたくさんですが、すごい経歴にびっくり~。手がガタガタ震えました。
高校はどこだったんだろう~?と前から気になってましたが調べてまたまたびっくり!略すと「つるこう」ですか?
東大、京大レベルの高学歴の人の何が羨ましいってやっぱり「自由度」が高いこと!先生なら人間味があるので授業以外のこともこどもたちにとったらいい糧になりそうです。
うちの隣に空き地があるので札幌支店作ってください・笑 うちの息子も宇宙とか科学好きなんですよ。
話が合いそうです。

*********
都会の人はドライですよね。自然と人に期待しなくなる。譲ってもらえなくて苛々するくらいなら諦めた方が早い、楽、と思うようになります・・・。
私も三度妊婦ですが若い男性が席を譲ってくれたなんて一度もないですよ。
今は私も優先席に堂々と座れますが、最初の妊婦の時は恥ずかしくてできなかったです。あと、夕方4:30以降は混み始めるので地下鉄乗らないでタクシー使ってました。。

とりあえず優先席のJKは張り倒しましょうよ。

またお邪魔しますね!
次男坊が夜何回か起きるので・・・><
とりいそぎ失礼します!
[ 2010/05/15 00:51 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは。
コメントありがとうございます!!

鶴丸高校調べてくれたんですか??
地元でも「つるこう」って言いますよ
鶴丸高校の女子高生は、通称「つるじょ」と言います(笑)

札幌支店いいですねえ!夢にしようかな(笑)
才気あふれる息子さんにも会ってみたいです


実際に妊娠出産を何度か経験されている方の率直な実感が
聞けて、妊婦さんの実情が見えてきたような気がします。

恥ずかしさとあきらめ…

乙女から一気に大人の階段を駆け上がることなのかもしれませんね…

優先席のJKは張り倒しましょうよ、ってコメント
mさんらしくて、思わず笑い
なんだか懐かしい気持ちになりました

子育てしながらの出産は大変でしょうね。。。
ご自愛下さいませ♪
[ 2010/05/15 02:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。