英気に溢れる -Be filled with brilliance-

鹿児島で学習支援業を行なっているBRILLIANTが、子どもと教育、心と身体に関するエッセイ、日々の雑想をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

小さな芽を大切に

開校2ヶ月半、夏休み講習を終え、

休み明けテストの嬉しい報告が届き始めています。


夏に力を入れた英語・社会で偏差値が10もあがった人、

復習に力を入れた数列や、有機化学をばっちり得点できた人、

学校の数学小テストで90点以上を叩き出し、上位に食い込み

学習のコツをつかみ始めた人・・・


小さな芽が、大きく芽吹き始めています!

小さな芽、しかしながら、確かな芽吹きです。

工夫して頑張ったことが、すぐに形として現れ始める。

こんなに嬉しいことはありません。

結果が現れるまでには、時に長い年月を要することだって

あるのですから。


才能のある人ほど、雌伏(しふく)の期間は長かったりします。

私が最近楽しみに観ている朝ドラのモデルである、

ゲゲゲの鬼太郎の作者、水木しげるさんは

40歳になって初めて、世間に評価され、世に名を成しました。


今、芳(かんば)しくない結果がはね返ってきて、

う~んう~んと頭を悩ませている人がいるのも知っています。

でも、それだってひとつの大切な芽であると思っています。

頭を悩ませ「何とかしたい」ともがいているということは、

これから伸びていくための力が、内部に蓄えられている時期

なのだと、私は思います。

苦しい時期だと思いますが、内部での葛藤は、

必ず大きな成長につながります。


大丈夫です。きっと視界が開けてくる時が来ます。


私達、師の側に立つ人間は、形として結果が現れる前の、

まだ地面の中に隠れた状態にある生徒の努力や成長を

見抜く眼力と、それを見守り、信じ、育んでいく胆力を

持たなければならないと思っています。

数値や形として現れたものをあれこれ評価するのは容易いですが、

形になる前のものを見つめ続けることは難しいものです。

でも、芽がすぐ出ないからといって、水やりを忘れては

そこでおしまいになってしまいます。


生徒のみなさん、

今、外に現れ始めた小さな芽、そして、まだ地中で必死に

力を蓄えている小さな芽を大切に育んでくださいね。

小さな芽の誕生を大いに喜んで、大きく育てていきましょう。


どんな大樹も、最初はひとつの小さな芽だったのです。

スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : 教師のお仕事

[ 2010/09/07 04:17 ] スタディサロン日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。