英気に溢れる -Be filled with brilliance-

鹿児島で学習支援業を行なっているBRILLIANTが、子どもと教育、心と身体に関するエッセイ、日々の雑想をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

許すとは完全に与えること

昨日、日記にコメントを下さった方が「許す」ということに

触れられていて、ふとある疑問が浮かびました。


英語の「forgive」は、日本語では「許す」という意味ですが、

ではどうして、「for」~のために、と「give」~を与えるが

組み合わさって、「forgive」になったのだろうと。

そこで語源を調べてみました。


どうやら「forgive」はラテン語の「Perdonare」(許す)から

翻訳借用して作られた言葉だと考えられているようです。


「Perdonare」の接頭辞「per」は「完全に」という意味で

「donare」は「与える」という意味だそうです。

つまり「完全に与える」という意味なんです。

(※英語の「pardon」も「許す」ですよね。

こちらは「Perdonare」から来ていることが分かりやすいですね。)


英語の「forgive」の接頭辞「for」も「~のために」という

意味ではなく、「完全に」という意味なのだそうです。



許す = 完全に与える



では、いったい何を「完全に与える」というのでしょうか。


ここからは、ひとつの「仮説」です。


古代でも、現代でも、人が生きていくためには様々なものを必要とします。

水、食糧、光、空気、衣服、友人、家族、愛情…

「生きることが許される」ということは、これらのものが「与えられる」

ということです。


「自分がこの世に生きることを許されている」と感じるのは、

自分が生きていくために必要なものが過不足なく、

完全に与えられていると感じるときです。


また「生きていくために必要なもの」は人によって様々です。

衣食住に関することだけではなく、

ある人にとっては海外で学びたいという思いだったり、

またある人にとっては、大好きなアニメに熱中する時間だったり、

人にとっての「生きる」は、自分が自分でいられるように「生きる」

ということでもあります。


様々な負の事象が目の前に立ち現れ、これら生きるのに必要なものが

次々に奪われていったら、人は「自分はこの世に生きることを許されて

いないのではないか」と思い、自暴自棄になってしまうことでしょう。


罪を許されるというのは、その人が生きることを許されるということです。

遊ぶことを許されるというのも、その人が生き生きとすることを許される

ということです。


私は「許されること」は、自分が「生かされること」とセットの概念だと思うのです。

能動形で言えば、「許すこと」は相手を「生かすこと」とセットなのです。


であるとすると、


許す = (相手を生かすのに必要なものを)完全に与える。


となりますが、こんなことは逆立ちしたって人間にはできません。

これは神様だけができる御業です。



ですから、人間にできることと言ったら


許す = (相手を生かしたいという自分の心を)完全に与える。


ということになると思うのです。


「完全に」与えられるかどうか、これも極めて難しいことではありますが、

人間が神様から与えられたひとつの課題であるような気がします。

スポンサーサイト

ジャンル : 心と身体
テーマ : 人生を豊かに生きる

[ 2010/08/05 23:08 ] 日々のエッセイ | TB(0) | CM(4)
No title
>>許す=(相手を生かしたいという自分の心を)完全に与える。

深い言葉です。

「許す」ということには
「こうなったら、許している/許されている」という
確たる証拠など、どこにもありません。
誰かが誰かを許しても、「許されていない」と感じたり、
許されていないにもかかわらず、許されていると感じたり。
だからこそ、自分のできる範囲内で、一歩一歩、
「完全に与える」ところに近づいていこうとすることが大切で。

目の前の誰かが、自分と同じように、しかし、
自分とは違う人生を生きているということに対して、
日々、少しだけ寛容に向き合うことができたなら、
そうやって、
少しずつでも自分の気持ちをgiveしていくことができたなら、
ひとりひとりが究極的な「for-give」を追い求める必要は
ないのかもしれないとも思います。

少しの誠意や、少しの優しさが、誰かのなにかを少しだけ変える。
誰かのなにかを少しだけポジティブにする。

人と人のあいだで生まれるその「ポジティブ」の総和が、
最終的に、
「for-give」=「完全に許しあう」ことであったらいいなぁと。

誰かは誰かに対して優しさが足りないかもしれないけれど、
そんな誰かにだって、ほかの誰かが優しくしてくれる。
「神の業」ではないかもしれないけれど、
そういう「持ちつ持たれつ」の「許し合い」こそが
人間らしいとも思います。

最近、考えがうまくまとまってなくてすみません…。
[ 2010/08/14 00:07 ] [ 編集 ]
Re:No title
みねくん

「目の前の誰かが、自分と同じように、しかし、
 自分とは違う人生を生きているということに対して
 日々、少しだけ寛容に向き合うことができたなら」

自分と同じように、しかし自分とは違う人生を生きている
という他者との向き合い方は、とても真摯ですね。

「尊厳」という言葉の意味が、分かってくるような気がします。

自分と同じだ、と思いすぎても、自分とは全然違うんだ、
と思いすぎても、相手に対して厳しくなってしまうものかも
しれません。

「同じ、でも違う」っていう両方を心に構えておくことで
心の平衡が保たれ、相手に向き合う最適な距離をつかむ
ことができるのではないかと思います。


「少しずつでも自分の気持ちをgiveしていくことができたなら、
 ひとりひとりが究極的な「for-give」を追い求める必要は
 ないのかもしれない」
「人と人のあいだで生まれるその「ポジティブ」の総和が、
 最終的に、「for-give」=「完全に許しあう」ことであった
 らいいなぁ」

という、みねくんのとても大きな視野に立った意見、
うならされました…。

僕はこの「forgive」の話を書くとき、1:1(自分:他者)の
関係だけで考えていたのですが、

「人類の総和」として、という視点はすごいですね。

深すぎるテーマで、気を抜くと頭がふっとんでしまいそうなの
ですが、

「与えあい」が循環していく世界を想像すると
何か涙がでてきますね…。

個を取り出せば、足りなかったり、過剰だったりすることも
あるけど、世界全体を見渡すことができるならば、
奇跡的なメカニズムで「与え合い」がめぐっている。

水や大気も、事実として、同じように奇跡的なメカニズムで
地球上を循環していることを思いました。
個を取り出せば、砂漠地帯や洪水の多い地域もあるのだけれど。

「完全である」ということは、世界全体を見渡したときに
初めて分かることなのかもしれませんね。

そして、個々人ができることはほんの少しずつ。
自分ができることを、できる量だけ。
でも、確かな確かな、ほんの少し。

ここまで書いてきて、また最初に戻って、
「同じ、でも違う」ということの意義が、
また深く迫ってきたように感じました。

いつもほんとうにありがとう。
[ 2010/08/15 00:46 ] [ 編集 ]
聖書に「愛は惜しみなく与う」という言葉があります。つまり、許すとは、愛することなのでしょう。こうしてみると、人を愛することの難しさが少しは分かるような気がします。
[ 2011/10/20 13:17 ] [ 編集 ]
スプーンさん

コメントありがとうございます!聖書にお詳しいんですね!(私は詳しくはないのですが、ツリー・オブ・ライフのヨブ記のことについてもBLOGに書かれていましたよね。)
「許す」「与える」「愛する」、そのどれもに共通するのは、「ふわっと」心を開く感覚であるような気がします。でも、その「ふわっと」心をゆるめることが、なかなかに難しいんですよね。思いが強まれば強まるほど、ぎゅっと力を入れて、何かをつかんで放したくない気持ちが湧きおこります。でも、つかむことでなく、手放すことによって、自分が心の底から実現したかったことに気づき、それが成就することもあります。
世界というのは不思議な仕組みでできているなあと、しみじみ思います。
[ 2011/10/20 23:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。