英気に溢れる -Be filled with brilliance-

鹿児島で学習支援業を行なっているBRILLIANTが、子どもと教育、心と身体に関するエッセイ、日々の雑想をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

いってらっしゃい

毎朝7時20分に、窓の外から、声が聞こえます。

「いってらっしゃーい」

「いってらっしゃーい」

大きな声で、何度も遠くへ呼びかけています。


「いってらっしゃーい」

「車に気をつけるんだよー」

「いってらっしゃーい」

女の人の声です。学校へ行く子どもを送り出している

若いお母さんでしょうか。


人目をはばかることなく、こんなにも大きな、愛情に溢れた声で

「いってらっしゃーい」と子どもを送り出す方を私は知りません。


私の母も、この声の主がどんな方なのか、とても気になっていたようで

ある日、その方の姿を見るべく、その時刻に合わせて

家の外へ出て、それとなく花壇の水やりをしていたんです。


そして母は、その「いってらっしゃい」の声の主が、

どんな方であったか、その真実を知ったのです。


その方は、私の家の近くに住んでいる、中学生の女の子でした。


その子の小学生の妹さんを送り出すときに

「いってらっしゃーい」と大きな声をかけていていたんです。

中学校と、小学校は、反対の方向にあります。

二人は一緒に家を出て、反対の道を行きます。


中学校へ向かうお姉さんが、何度も何度も後ろを振り向きながら、

遠くへ消えていく妹の後ろ姿に届くように、

「いってらっしゃーい」

「いってらっしゃーい」

「車に気をつけるんだよー」

と、大きな声で呼びかけているのでした。

妹の後ろ姿が見えなくなるまで。


母も、まさか中学生の女の子の声とは思っていなかったらしく

驚くと同時に、その子の姿にとても感動したんだそうです。


私もその話を聞いて、その子に関して様々な想像が

頭の中を駆け巡りました。

その子は、妹さんの母親代わりをしているのかもしれません。

自分も学校に行かねばならない身でありながら、

その子は自分のことはさて置いて、

妹を送り出すことだけを思って、一心に呼びかけるのです。


あんなにも大きく、清く済んだ声で

妹の姿が見えなくなるまで呼びかけ続ける、

その子の心はどのようにして育まれたのだろうかと

その軌跡と奇跡を思います。



今朝も家の前の通りには、その子の清らかな声がこだましていました。

私は夢うつつの中で、その声を聞きました。

「いってらっしゃーい」

彼女の声の残響が消えると、自動車や室外機といった町の音が

際立って、私の胸に切なく迫ります。

ほどなくして、また彼女の声がこだまします。

「いってらっしゃーい」

「車に気をつけるんだよー」

「いってらっしゃーい」

声はどんどんと遠くへ向けられます。

まるで今生の別れであるかのような、

ひとりの人間を心から思う、慈愛に満ちた別れの言葉。

私は、寝ている間にそのまま天国へ来てしまったのでは

ないかと、温かで切ない錯覚を覚えるのです。

スポンサーサイト

ジャンル : 心と身体
テーマ : 小さな幸せ

[ 2010/07/29 23:37 ] 日々のエッセイ | TB(0) | CM(2)
No title
こんばんは~♪
作曲家とかはこういうひょんなところから想像を膨らませて曲をかいたりするのかもしれないですね。せちがらい世の中なので睡眠妨害されたと怒る人もいるかもしれません。。
私は22日に退院して23日に引越し終えました。。双子ちゃんはまだ入院中です。保育器からは出てるけどたまに呼吸忘れるらしいから退院は8月入ってからだって。他に問題はないそうですが。旦那はリハビリ頑張ってますよ~。右手足が麻痺してるけど胴体は麻痺してないからきちんと座ってられるみたいだわ。あとは本人の努力次第かな。義母がポジティブだから助かります。
前回の記事すごいタイムリーでした…私は入院中出産が不安で不安で毎日Yahoo!知恵袋内で「双子 管理入院」でよく検索してました…その中に 「神様はその人にできる事しか課さない」というような回答みて勇気をもらいました。
今は症状も落ち着いて回復すると信じてますが旦那が倒れた直後はただただ辛かったです。
他に私の好きな言葉は、サバサバしたおばちゃん助産師が言った「なるようにしかならない」とどこかで聞いた「物事は明るい方に考えた方がいい」です。
[ 2010/07/30 21:36 ] [ 編集 ]
Re:No title
Mさん

退院おめでとうございます♪双子ちゃんがまだ入院中で
気が気じゃないかもしれませんが、病院暮らしはきっと
息がつまることが多かったでしょうから、お家に帰られて
すこしほっとなさっているんじゃないでしょうか。

それにしても、大変な数カ月でしたね…。

僕も小さい時は入退院を繰り返してて、
青少年期は比較的健康でしたが、
大人になって色々と持病が発覚して、
健康のありがたさを噛みしめるようになりました。

病というのは、自分の内側に目を向けさせられる機会なん
でしょうね。

また、家族に何か大きなトラブルが続発するときは、この
機会に、家族の絆をさらに深めなさいという、天の導きで
あるのかもしれないと思うことが多かったです。

「なるようにしかならない」僕も好きです♪
(※不思議な言葉ですよね。よく考えると)

僕は、何か大変なことが起こった時、
今までも大変なことはあったけど、なんだかんだ言って
今日まで生きてこれたのだから、なんとかなるはず、
と思って、なんとかやってます(笑)

以前大沢たかおが主演した「仁-JIN」って医療ドラマ
があって、その中で「神は乗り越えられる試練しか与え
ない」って言葉がよくでてきてました。

大沢たかおは、幕末にタイムスリップした外科医の役なん
だけど、医療用具が極めて乏しい中で、次から次に難しい
手術に挑戦しなければならなくなるんです。

彼が、手術に向かうたびに口にしていたのが、この「神は
乗り越えられる試練しか与えない」って言葉でした。

面白いドラマでしたよ。(原作の漫画もファンです)

人は苦しい時にはわらでもすがりたくなるものだから、
そんな時に、心の支えになる言葉に出会えるのは
とてもありがたいものですよね。
[ 2010/07/31 23:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。