英気に溢れる -Be filled with brilliance-

鹿児島で学習支援業を行なっているBRILLIANTが、子どもと教育、心と身体に関するエッセイ、日々の雑想をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

決断という子ども

あれかこれかで迷う。

なかなか決断に至らない。

でも自分の心は半ば決まっている。

そこで、信頼できる色々な人の意見も聞いてみる。

その結果、自分の背中を押されることもあるし、思ってもみなかったような視点を得られることもある。

そうやって決断を生み、それを支えていくための「からだ」が整っていく。

決断への陣痛が始まる。

100%先が見通せる決断というのはない。

良くて70%、50%でも見えているなら上出来。

そして、えいっと決断をしたならば、もう後ろを振り向かない。

生み出された決断を、我が子のように育てていくだけだ。

確かに自分と血はつながっている。

しかし、決断という子どもは、生み出された瞬間から、親の身体から離れ、その子固有の魂に沿った道を歩き始めるのも確かだ。

その決断という子どもの歩んでいく道を、親としての責任と喜びを胸に、しっかりと見守っていくのだ。

スポンサーサイト
[ 2014/10/06 23:59 ] 日々のエッセイ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。