英気に溢れる -Be filled with brilliance-

鹿児島で学習支援業を行なっているBRILLIANTが、子どもと教育、心と身体に関するエッセイ、日々の雑想をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真の願いに正直になる

あれもほしい、これもほしいと思う。

あれもしたい、これもしたいと思う。

でも、何から手をつけてよいか分からないし、

何も手放すことができない。

気持ちばかりが焦るけれど、前にはちっとも進めない。

そんな時は、頭ではなく、自分の深いところにある願いに耳を傾けること。

自分の深いところにありながら、その存在を知っていながら、後回しにしてきた、真の願いに正直になること。

真の願いに正直になるには、きっと勇気が必要だし、痛みも伴うかもしれません。

でも、頭の表層にある願いや、義務感や、束の間の安楽ばかりに気を取られ、深い所にある真の願いから目を背け続けていると、心と身体に不調をきたします。

深いところにある真の願いを裏切って生きていくと、きっと心と身体が、そうじゃないよ、と必死でサインを送るんでしょうね。

真の願いに正直になって、色々なことにけじめをつけ、えいっと一歩を踏み出した時、道は開けるように思います。

真の願いに正直になることは、様々なものに別れを告げなければならない苦しさもあるでしょう。

しかし決して、人生に嵐をもたらすものではなく、きっと静かで穏やかな未来への希望と、確固たる信念をもたらすものではないかと、そう思うのです。

スポンサーサイト

ジャンル : 心と身体
テーマ : 人生を豊かに生きる

[ 2014/08/17 11:21 ] メッセージボード | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。