英気に溢れる -Be filled with brilliance-

鹿児島で学習支援業を行なっているBRILLIANTが、子どもと教育、心と身体に関するエッセイ、日々の雑想をお届けします。
月別アーカイブ  [ 2014年07月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

尊い仕事

大人になると、友人、知人、親族から、「今何してるの?」(どんな仕事してるの?)と、まず聞かれる。

その時、「通りの良い」仕事や、肩書きを持っていれば、とても楽だ。


でも、「通りの良い」仕事や肩書きのない、他人には説明し難い人生の時間を過ごしている時もある。

単純に答えるなら、無職です、とか、バイトです、とかいうことになろうが、そこには様々な事情が隠されていることが多い。


その当人とよくよく話をしてみれば、複雑な家庭事情の中で、他の家族を支えるために、無職だったり、バイトだったりする人もいる。

また、自分の深い所にある願いを大切にするために、無職という選択をしている人もいる。


その人達と話をしていると、「仕事」とは何だろうと考えさせられる。

よっぽど親しい間柄でなければ話せないナイーブな物語を含む、「ある家族を支える」という仕事を、厳しい経済状況の中で、肩身の狭い思いをしながら、やっている若者がいる。

でも、彼がやっていることは、本物の「仕事」だと思う。


そういう人達と接していると「尊い」という言葉の意味が、胸に染みてくる。

そういう「尊い」生き方を選択している人達が、肩身の狭い思いをすることの少ない、柔軟な、弾力のある社会が到来することを切に願う。
スポンサーサイト
[ 2014/07/13 13:30 ] 日々のエッセイ | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。