FC2ブログ

英気に溢れる -Be filled with brilliance-

鹿児島で学習支援業を行なっているBRILLIANTが、子どもと教育、心と身体に関するエッセイ、日々の雑想をお届けします。
月別アーカイブ  [ 2010年08月 ] 

許すとは完全に与えること

昨日、日記にコメントを下さった方が「許す」ということに

触れられていて、ふとある疑問が浮かびました。


英語の「forgive」は、日本語では「許す」という意味ですが、

ではどうして、「for」~のために、と「give」~を与えるが

組み合わさって、「forgive」になったのだろうと。

そこで語源を調べてみました。


どうやら「forgive」はラテン語の「Perdonare」(許す)から

翻訳借用して作られた言葉だと考えられているようです。


「Perdonare」の接頭辞「per」は「完全に」という意味で

「donare」は「与える」という意味だそうです。

つまり「完全に与える」という意味なんです。

(※英語の「pardon」も「許す」ですよね。

こちらは「Perdonare」から来ていることが分かりやすいですね。)


英語の「forgive」の接頭辞「for」も「~のために」という

意味ではなく、「完全に」という意味なのだそうです。



許す = 完全に与える



では、いったい何を「完全に与える」というのでしょうか。


ここからは、ひとつの「仮説」です。


古代でも、現代でも、人が生きていくためには様々なものを必要とします。

水、食糧、光、空気、衣服、友人、家族、愛情…

「生きることが許される」ということは、これらのものが「与えられる」

ということです。


「自分がこの世に生きることを許されている」と感じるのは、

自分が生きていくために必要なものが過不足なく、

完全に与えられていると感じるときです。


また「生きていくために必要なもの」は人によって様々です。

衣食住に関することだけではなく、

ある人にとっては海外で学びたいという思いだったり、

またある人にとっては、大好きなアニメに熱中する時間だったり、

人にとっての「生きる」は、自分が自分でいられるように「生きる」

ということでもあります。


様々な負の事象が目の前に立ち現れ、これら生きるのに必要なものが

次々に奪われていったら、人は「自分はこの世に生きることを許されて

いないのではないか」と思い、自暴自棄になってしまうことでしょう。


罪を許されるというのは、その人が生きることを許されるということです。

遊ぶことを許されるというのも、その人が生き生きとすることを許される

ということです。


私は「許されること」は、自分が「生かされること」とセットの概念だと思うのです。

能動形で言えば、「許すこと」は相手を「生かすこと」とセットなのです。


であるとすると、


許す = (相手を生かすのに必要なものを)完全に与える。


となりますが、こんなことは逆立ちしたって人間にはできません。

これは神様だけができる御業です。



ですから、人間にできることと言ったら


許す = (相手を生かしたいという自分の心を)完全に与える。


ということになると思うのです。


「完全に」与えられるかどうか、これも極めて難しいことではありますが、

人間が神様から与えられたひとつの課題であるような気がします。

ジャンル : 心と身体
テーマ : 人生を豊かに生きる

[ 2010/08/05 23:08 ] 日々のエッセイ | TB(0) | CM(4)