FC2ブログ

英気に溢れる -Be filled with brilliance-

鹿児島で学習支援業を行なっているBRILLIANTが、子どもと教育、心と身体に関するエッセイ、日々の雑想をお届けします。

新しいロゴ

現在、ブリリアンスの新しいロゴを制作しています。

やっぱりプロの方に頼むと違いますね!

私の思いをよく汲み取って下さり、今までのロゴの良さを生かしながら、新しい息吹を吹き込んで下さいました。

それに伴って、今、色々なものを「すっきり」させるべく、動き始めています。

新しく生まれ変わるブリリアンス、お楽しみに^_^

[ 2014/09/16 14:09 ] スタディサロン日記 | TB(0) | CM(0)

心情はパターン化できるか?

昨日は、ある生徒からこんな相談を受けました。

”国語の物語文で、主人公の気持ちを書く問題がなかなか正解できません。

例えば、「悔しい気持ち」と答えるべきところを「ねたましい気持ち」と答えてしまって、×になってしまいます。

その悩みを学校の国語の先生に相談したところ、先生からは

「問題をたくさん解きなさい。主人公の心情はパターン化できるから。」

と言われました。

でも、パターン化って、どうすればできるんでしょうか?”

私はこの話を聞いて、悲しい気持ちになりました。

たしかに、高校入試の国語の問題で出てくる主人公の心情というのは、特殊なものは少なく、ある程度類型化されるでしょう。

そのパターンを把握していれば、減点されにくい答えを思いつきやすくなるのも事実です。

しかし、そのような視点で国語を勉強するのは非常に悲しいことだと私は思うのです。

人間の心情は、究極的にはパターン化などできないと私は思います。

似たような心情であっても、それぞれが生きてきた文脈は違うし、思考回路も違うから、必ず微妙な差異があるはずです。

血液型みたいにA型、B型、O型、AB型と分けらるはずがない。

もし、そういうパターン化で事が済ませられるなら、心情を表現するための日本語は四個で済んでしまう。

それほど人間の心はスカスカなものではないし、日本語もスカスカなものではない。

逆に、微妙な差異をもつ様々な人間の心情を表現するために、長い時間をかけて、日本語はたくさんの言葉を生んできたはずです。

だけど、どんなに言葉を生み出しても、どんなに言葉を尽くしても、人間の心情を完全に評することはできないでしょう。

どんなに言葉を身につけても、完全に心情を説明することはできないという、「足りなさ」を身に刻むこと。

その上で、その人の心情に「より近い」適切な言葉を探し抜くために、たくさんの言葉を深く身につけていくこと。

国語で物語文を学ぶ心構えとはそのようなものではないかと私は思っています。

そこで、私は以上のような前置きをした後に、生徒にこう伝えました。

”問題をたくさん解くというのは僕も賛成です。

でもそれは心情をパターン化するためではなく、人間の心情を表現するための様々な言葉を、より多く自分に仕入れるために行うべきだと思うよ。

ある人間の心情を表現したい時に、一個しか表現が思いつかないか、似たような表現を幾つか思いつくかでは随分違います。

一個しか思いつかなければ、それを書くしかないけど、幾つかの似たような表現を思いつければ、どれが一番適切か吟味することができます。

言葉をたくさん仕入れて、「言葉の吟味」ができる能力を高めていくことが、国語を学ぶ大きな目的のひとつだと僕は思うし、それができれば物語文の成績もきっと上がるよ”と。

その生徒は、よく頷きながら聞いてくれていました。


僕は国語指導の専門家ではないですし、「言うは易い」のも認めます。

でもせっかく人生で一番勉強するであろう受験期ですから、どういう心構えで勉強するかによって、成績ではなく、その後の生徒の「モノの観方」に大きな差が生まれてくると思うのです。

僕が国語の先生ならば、生徒達には受験のために国語を勉強するのではなくて、受験を利用して、国語に対する眼差しを深めていく勉強をしてほしいです。

そのささやかな副産物として、先生のおっしゃる「パターン化」の意味するところも分かってくるでしょう。

[ 2014/09/14 11:09 ] スタディサロン日記 | TB(0) | CM(0)

マジックナンバー7

マジックナンバー7ってお聞きになったことがありますか?

人間が一度に短期記憶に保存できる事柄は7個まで、という説のことです。

最近の研究では、4個までが正しいとも言われているようですが、

大事なことは、何かを覚える時に、一度にたくさんの事柄を詰め込もうとせず、幾つかの固まりに区切ってインプットした方がうまくいくということです。

例えば、昨夜のある生徒との授業では、こんなことがありました。

生徒が持ってきた、学校の化学の先生から配布されたプリントに、覚えるべき酸化剤が10個以上列挙してありました。

多くの生徒は、これを一気に覚えようとして失敗するか、数の多さに辟易して覚える気力をなくすかの、どちらかになってしまうのではないかと思います。

そこで私はマジックナンバー7の話をし、まずその中でも大事な6個の酸化剤だけをピックアップして、覚えた方が絶対に頭に残るよ、と伝えました。

生徒もこれだと覚えやすかったようです。(ただ、これは短期記憶に保存されただけの状態ですので、これを長期記憶に変えていくには、その後の反復と工夫が必要です。)

化学に限らず、英単語や古語、歴代の首相などを覚えるときも、幾つかの固まりに区切って覚えよう!という意識を持つと、勉強が捗るのではないかと思います!

[ 2014/09/11 14:11 ] スタディサロン日記 | TB(0) | CM(0)

中秋の名月

今夜は中秋の名月。

新月は新しいことを始めたり、願い事をするのに適していて、

満月は古いものを捨て去ったり、願いが叶ったかを確認するのに適した日だと言います。

中秋の名月を見ながら、これまでの自分の歩みを振り返ってみると、私が七年間ずっと思い続けた願いが、確かに叶っていることに気づきました。

私はこの七年ずっと、このWEB上で、私の思いを形にしたいと思ってきました。

そして、その思いを汲み取り、専門的な観点と知識を持って形にして下さる方を探していました。

その願いが叶ったのです。

縁に縁を重ねて知り合えた、あるWEBの専門家の方と、この夏から、ブリリアンスの新しいサイトを創るプロジェクトをスタートさせました。

今日は、その方から、新しいサイトの詳しいご提案を頂く日でした。

私は、その方がまとめて下さった、何枚にも渡る分厚い提案書を読んで、その方が、この一ヶ月どれほどの心と知恵と労力を割いて、このブリリアンスのことを考えてきて下さったかを知り、胸が熱くなりました。

この方と出会えて、この方に仕事を頼んで本当に良かったと思いました。

そして、その提案書には、先週アンケートに答えて下さった生徒の皆さん、保護者の皆様の思いも、しっかりと盛り込まれています。

御協力を頂いた皆様、本当にありがとうございました。

その方との新サイトのプロジェクトは今後五年に渡ります。

五年後の中秋の名月に、どれほど願いが叶っているか、とても楽しみです。

皆様、新しいサイトプロジェクト、ご期待下さい!


[ 2014/09/08 22:00 ] スタディサロン日記 | TB(0) | CM(0)

Don't stop me now

今日は、生徒が実行委員をしているということもあって、某私立高校の文化祭に行ってきました!

タイミングが悪くて、観れなかった企画もありましたが、生徒や保護者の方とも少しお話しできてよかったです。

ラストは3年生による合唱でしたが、ものすごいパワーで鳥肌が立ちました!(◎_◎;)

ドラムやエレキギター、バイオリンなどのバンドをバックに、若さ溢れる素晴らしいパフォーマンスでした!

(この学校は、音楽の授業で、みんなバンドを組むんです。軽音が盛んな学校なんですね♪)

一曲目は僕の好きなQUEENの"Don't stop me now"。

「今私を止めないで」

彼、彼女達の歌には、そんな思いが溢れていて、私も忘れかけていた「青春の疾走感」を思い出せた気がします。

生徒のみなさんお疲れ様でした!

素晴らしい文化祭をありがとう!


[ 2014/09/07 15:37 ] スタディサロン日記 | TB(0) | CM(0)